芽キャベツと新じゃがのそぼろ風

いよいよ立春を迎え、春が近づいてまいりました。冬の寒さもあともう少しの我慢ですね。
妻の実家の家庭農園では、芽キャベツを栽培していて、1~2月頃収穫できます。
芽キャベツは、茎の周りにポコポコと密集してミニサイズのキャベツができるというちょっと不思議な野菜です。
こんな芽キャベツですが、この小さな球に栄養がぎっしり詰まっています。ビタミンCはキャベツの4倍、レモンの1.5倍も含まれています。また葉酸も豊富で、野菜のなかではトップクラスといわれています。
葉酸はこれから子供を望まれる方や、妊婦さんに欠かせない栄養成分なので、芽キャベツはおすすめなお野菜です。
今回のレシピでは、旬の芽キャベツと春の新ジャガを、そぼろあんでからめてあります。
お肉の代わりに高野豆腐で、とてもヘルシーで美味しい一品、ぜひ作ってみてくださいな(^_^)
芽キャベツと新じゃがのそぼろ風

☆調理時間:30分程度 
☆材料:2人分
  • じゃがいも・・・2個
  • 芽キャベツ・・・5個
  • ニンニク・・・1/2片
  • 高野豆腐・・・10g
  • 干し椎茸・・・5g
  • 醤油・・・小さじ2
  • みりん・・・小さじ1
  • 出汁(干し椎茸の戻し汁)・・・1cup
  • くず粉・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

  1. 高野豆腐、干し椎茸はそれぞれ水で戻しておく。 
  2. 芽キャベツ、ジャガイモはくし型切りにする。
  3. フライパンに油をひき、じゃがいも、芽キャベツはそれぞれ炒め焼きし、火が通ったら取り出す。
  4. 水をよくきった高野豆腐と干し椎茸はそれぞれフードプロセッサー等で細かくする。
  5. フライパンに油をひき、みじん切りしたニンニクを弱火で炒める。香りがたったら、中火にして干し椎茸、高野豆腐を炒め、出汁、醤油、みりんを加える。
  6. じゃがいも、芽キャベツも加え、一度火を止めて同量の水で溶いたくず粉を入れ、再び火をつけてとろみがついたら、ごま油を加えて完成。

produced by 自然堂治療院

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント