自然薯団子入りレンコン汁

お正月3日目には「3日とろろを食べれば風邪をひかない」という言い伝えがあり、健康長寿を祈願して1月3日にとろろ汁を食べる風習があります。山芋は山薬ともいわれ、古くから滋養強壮の食材として用いられてきました。江戸時代の儒学者・貝原益軒は「とろろ汁折々少し食すれば脾臓(ひぞう)の薬,気虚を養う」 といい、「気虚を養う」とは元気を充実させることです。山芋はお米の歴史よりも以前、縄文時代から食べられていた...