納豆とキノコのなめろう風

『なめろう』とは千葉県の房総半島の郷土料理で、アジやイワシ等の青魚を捌き、味噌やネギ、しょうが等と一緒に粘り気が出るまで包丁でたたいて作る豪快な漁師飯をいいます。この『なめろう』という言葉の由来は諸説あって、『叩いたことで出る粘り気の食感から』や『その美味しさで皿までなめた』など、面白い説があります。漁師が船上で捕れたて新鮮な魚をその場で捌いて作る料理、さぞかし美味しいことでしょう。今回はそんなな...